ホタテの貝殻から生まれた洗濯槽のカビ取りクリーナーを試してみました。

ホタテの貝殻から生まれた洗濯槽のカビ取りクリーナーを試してみました。

ホタテの貝殻から生まれた洗濯槽のカビ取りクリーナーをフェリシモで見つけたので、購入してみました。
見た目もオシャレで、カビ取りクリーナーになんて、全く見えません。
洗濯機のそばに、ちょこんと置いていても、なんだか絵になる、そんな洗濯槽カビ取りクリーナーです。

白いパウダーは粒子が細かい

hotate4
この粒子の細かい白いパウダーは、天然成分ホタテ貝から作る、焼成カルシウム。
hotate5

焼成カルシウムって書いてますね。しかも食品添加物と同等商品とのこと。
焼成カルシウムって初めて聞きましたので、少し調べてみました。

焼成カルシウムとは

  • ホタテ貝殻などをを洗浄し、細かく砕いたものを1000 度以上の高温で長時間焼成し、微粒子に粉砕したもの
  • 1ℓの水に焼成カルシウム1gを加えると、PH12(水素イオン指数)以上の強アルカリイオン水になる。
  • 水に溶けるが、お湯には溶けない。
  • ホタテ貝の貝殻や、卵殻からできるものもある。
  • ソーセージなど肉の結着剤として、こんにゃくを作る時にも使われる

つまり、この焼成カルシウムで、洗濯槽の中の水を強アルカリ(ph12)水にして、カビや細菌を取るという仕組みのようですね。

色々調べてみると、除菌、消臭効果があるなど、いろんなことが書いてありました。どれも基本は、ph12のアルカリ水として使うとそのような効果が表れるようですね。

仕組みがわかると、自信を持って使えますー。
でも、液性には、弱アルカリと書いてありますねー。おそらく、洗濯物に1gだと、弱アルカリ性なのかなーと思いました。基本的には、強アルカリ(ph12)にするためには、もっと必要ですから。

ホタテ貝からできたカビクリーナーを早速使ってみました。

hotate
洗濯機に入れた洗濯物に、2、3振りしてから、洗濯するだけ。

非常に簡単で、正直拍子抜けするぐらいの簡単さ!驚きです。

肝心の消臭効果は・・・

消臭効果を感じたとき
洗濯ものに2,3振りかけ、すぐに洗濯機を回し、洗いあがったら、すぐに干したとき。
雨で、浴室乾燥機を使って干していても、いやなにおいはしませんでした。

消臭効果を感じなかったとき
洗濯ものを洗濯機に入れ、8時間後に洗濯をするタイマーを利用したとき。
雨で、浴室乾燥機を使って干したとき、嫌な臭いがしてしまいました。

まとめ

消臭効果は、下記の点を気を付けたときは効果がありました。

  • 洗濯機の中に洗濯ものを入れっぱなしにしない

洗濯機を回す前、洗いあがった後など、洗濯機の中に洗濯ものを入れておく時間を最短にする!そうしたときは、雨の日、部屋干しでも臭いませんでした。

カビ取り効果については・・・

正直まだわかりませんー。3日間ほど試してます。しばらく使ったあと報告していきたいと思います。

洗濯槽の洗浄に使ってみました
毎日の洗濯ものと一緒に入れるだけでは、カビ取りの効果はわかりませんが、洗濯槽の掃除に使ってみました。

一振りだけでは、少ないと思いましたので、10振りぐらいの多めに投入してみました。
そして、洗濯槽掃除、3時間コースをスイッチオン!!

結果は!スッキリ!した気がしますー。中途半場で申し訳ないです。
残念ながら、洗濯槽の裏まで見れないので、なんとも言えませんが、洗濯もの嫌な臭いがしにくくなったように思います。

まとめ

  • とってもおしゃれ
  • 簡単に使える
  • 使い方によっては消臭効果あり
  • 洗濯するときの水のPHが手軽に上がるので、洗浄効果upにはなりそう

ということで、継続して使ってみますー。パッケージがとってもかわいいので、洗濯機を回すときにテンション上がります♪
また使った感想を書きたいと思います。

フェリシモ さっと振りかけてお洗濯爽(そう)快! ホタテの貝殻から生まれたクリーナーパウダー〈ボトル入り〉の会