クエン酸とは

クエン酸とは

クエン酸とは、レモンなどのフルーツや梅干しなどに、多く含まれる酸で、見た目は、無色の白い粉です。さわやかな酸味があるので、食品添加物や、サプリメントの原料として用いられます。
「酢」と違って、揮発性はないので、「ツーン」とした、独特のにおいはありません。水に溶かすと、酸性の性質を持つ水溶液です。

※注意点が終わりにかいています。

特性

  1. アルカリを中和する作用・・・せっけん洗濯の仕上げ剤や、石鹸シャンプーのリンスに
  2. 抗菌作用・・・菌の繁殖を止める作用
  3. 消臭作用・・・アンモニア臭や魚の生臭いにおい、タバコのにおいなどアルカリ性のにおいを消す作用
  4. キレート作用・・・水垢の主成分「炭酸カルシウム」に働きかけて、封鎖する作用

4の作用を利用して、キッチンペーパーやトイレットペーパーにクエン酸をしみこませ張ってしばらく放置(クエン酸のシップ)して汚れをおとしたり、2の作用を利用して、まな板にお酢をスプレーして抗菌したりします。 我が家で一番活躍しているのは、3の作用をつかって、子供のトイレトレーニング用パンツのアンモニアのにおいとりです。1は、石けんで髪の毛を洗ったあと、酢水でリンスしてさらさらの髪の状態を保っています。

クエン酸は「酢」でも代用できます!

クエン酸の代わりに「酢」を使うことができます。でもスーパーへ行けば、お酢の種類は本当にたくさんあり、どれを選べばいいのかわからないですよね?
そこで、掃除に適している酢をご紹介したいと思います。

  • 穀物酢・・・一番手に入りやすく、スーパーにもあります。
  • ホワイトビネガー・・・においもないアルコール酢です。ハインツのホワイトビネガーが有名。輸入食材店やネットショップなどで購入できます。
  • クエン酸・・・無臭の粒状。水に溶かして使います。薬局などで手に入ります。

においが気にならなければ、穀物酢。
においがどうしても気になる方はクエン酸やホワイトビネガーがオススメです。
掃除しているときは、やはり、酢のにおいがしますが、酢は揮発性ですので、しばらくするとにおいはなくなくなります。
ほとんど気になりませんよ。

お酢(クエン酸)を掃除で使う方法

■ 酢の原液そのままを使う

穀物酢我が家では、洗濯置き場に、酢の原液を常備しています。お漏らしをしてしまった服やパンツをバケツにいれ、その中に酢の原液と水をいれて漬けておきます。その後そのまま洗濯機の中に入れてふつうに洗います。 そのほかにも、石けんで洗濯をした場合は、一回目のすすぎのときに酢を入れると、柔軟剤代わりになります。

 

■ 酢水(クエン酸水)として使う

重曹と酢水(スプレーボトル)お酢:水=1:1の割合で作った酢水をスプレーボトルに入れて使います。トイレに常備して、手軽に酢水をつかって便器、手洗い場、床などを掃除しています。また、台所の排水溝の掃除の時には、この酢水を使っています。重曹水よりぬめりの落ち具合がいいですよ。少し塩を入れると、殺菌作用もプラスされます。

クエン酸を使う場合は、カップ1の水に対して、小さじ1のクエン酸を溶かします。使い方h酢水と同様です。

 

■ 香りつき酢水として使う

ラベンダービネガーハーブ酢(小さじ1程度のハーブを酢100cdで漬けた物)を使ったり、精油(エッセンシャルオイル)を混ぜて使います。 いい香りがすると、それだけで掃除がたのしくなりますよ。精油を入れれば、殺菌、消毒、カビ防止など別の効果などもプラスされますので、オススメです。 ちなみに我が家は、ハーブ酢はお風呂場に常備していて、リンス(リン酢)として使っています。

 

酢(クエン酸)の注意事項

■ 鉄製品には使用しない
鉄製品に酢(クエン酸)を使うとさびやすくなるため、気を付けましょう。
■大理石も使わない
大理石に酢(クエン酸)を使うと、素材を溶かしてしまいます。