ボールペンの落書き汚れの掃除方法

気づいたら、子供がボールペンで床に落書きを・・・。
そんな経験ありませんか?見つけたときは冷や汗もの。
我が家は賃貸なので、汚れていたらその分保証金が少なくなってしまうので必死です(苦笑)

さてさて、そんなボールペンの落書きですが、重曹の研磨作用を利用してこすってみると、あら不思議、アットいう間にきれいになりました。

※床材がクッションフロアーの場合です。必ず、目立たないところで試してからお使いください。

ボールペンの落書きは「重曹」の研磨作用を利用して落とす

rakugaki01-180-140見えにくいかもしれませんが、
真中にしっかり落書きあとがあります。

rakugaki02-180-140重曹だけでこすっても落ちなかったので、 重曹を振りかけて、酢水をシュッシュ。 最後にアクリルたわしでこすってみました。
そうすると、あっという間にきれいになりました。 同じ場所をもう少しアップで撮影。 本当にきれいに消えました。

落書き落としのポイント

酢水をシュッシュとして重曹を湿らすことです。 おそらく重曹が湿ることで、摩擦力が大きくなり、研磨力も上がったのではないかと思います。
重曹+酢水で発泡して汚れが浮き上がったのもひとつの理由かもしれませんよね。

それでも落書きが落ちなかったら

もっとたくさんの落書きをされたときは、一度では落ちませんでした。 だから、日を変えたりしながら、何度か繰り返して掃除しました。
それでも、うっすらと残る程度まで落ちたものの、完全には落ちませんでした。 で、あきらめて、放置して一ヶ月後・・・。

なぜか、完全に落ちていました。 床に残っていた重曹さんが、一ヶ月という時間をかけて、せっせと落としてくれたのでしょうか。 なんだかうれしくなってしまいました。

重曹で掃除を続けてくると、知らない間に汚れが落ちていたということが、よくおきますよー。不思議です。

当ブログの記事に共感していただいたらまた見に来てくれると嬉しいです。更新の励みになります!

follow us in feedly