重曹と一緒に使いたい石けん

安心&エコロジーな素材、重曹。でも、重曹だけではちょっと物足りない、そんな時や、頑固な汚れに活躍するのが石けん。

せっかくだから、体にも環境にもよい無添加の石けんを揃えていたいですよね。石けんには、粉石けん、液体石けん、固形石けんと種類があります。

我が家では、

粉石けん=洗濯用

液体石けん=洗濯用・スキンケア用
固形石けん=襟袖の部分洗い・スキンケア用

と使い分けしています。

私の独断と偏見(笑)で、使い心地をもとに紹介しています。 あなたの石鹸選びの参考になればうれしいです。

石けんは、ネットで購入することが多いです。蛍光増白剤、保存料など、全く何も入っていない無添加の石けんを買おうと思うと、いろいろなお店で探し回らなくてはなりません。ネットであれば、簡単に検索できるし、購入もスムーズ。しかも家まで届けてくれるので、楽ちん。
ただ、送料がかかるのがネック。でも、○○円以上だと送料無料というところも増えてきています。
それに、送料がかかったとしても、店を探す時間と手間、そして移動するときの交通費などを考えたら、意外にネットの方がお得かもしれませんね。

石けんレビュー

ずっとそよ風せっけんという粉石けんを使っていましたが、こちらの方が粉を洗濯機に入れたときの粉の飛び散りが少ない。

それに石けん洗濯をし続けていると、タオルなどがピンクになっていく現象があるのですが、それがほとんどなかったです。

あと、もう一つ驚いたのが、洗濯済みの衣類を洗濯機の中に2日間ほど放置していたにもかかわらず、全くイヤな臭いがしませんでした。これもEMのおかげなのでしょうか。すっかり大好きになってしまった石けんです。

でも、この石けんにはアルカリ剤は入っていないので、アルカリウォッシュをいつも一緒に入れて洗っていましたよ。

香りも控えめで優しい粉石けんです^^

液体石けんは、事前に溶かす必要がないので非常に便利!どうしても時間がないときは液体石けんで洗濯していました。粉石けん同様に汚れ落ちもよく、EM効果で洗濯したあとの衣類を2日間そのまま放置しても、イヤな臭いには全くなりませんでした。

結局、お徳用5Lを買いましたが、シャボン玉 EM液体洗濯せっけん 1200mlや詰替用 1000mlもありますので、お好みでどうぞ。

当ブログの記事に共感していただいたらまた見に来てくれると嬉しいです。更新の励みになります!

follow us in feedly

こちらの記事もどうぞ♪