水道の蛇口が意外に汚れてる!?体に優しいお掃除できれいに!

キッチンの水道蛇口のお掃除していますか?

キッチンの水道蛇口って意外に汚れているのはご存知ですか?なんだか水道水が臭いとおもったら、水道蛇口にカビが生えているかもしれません。
先日、臭いにとても敏感な知り合いが話してくれました。

おばあちゃんちの水道水がとても臭いので、水道蛇口を点検してもらったら?と提案したところ、カビが生えていることが判明!!
早速、蛇口を変えて、臭いは収まったとか。

ということで、定期的に蛇口のお掃除をしましょう。とくに、雨が多い「じめじめ」した蒸し暑い季節は、「カビ」が繁殖しやすい!!食中毒も注意の季節だからこそ、水道蛇口のお掃除もして、安心したいものです。もちろん強い洗剤は使わずに、でもきちんとお掃除できる方法をお伝えいたします。

 

まずは、酸素系漂白剤で、つけ置きしてみよう

カビや漂白に適しているナチュラル洗剤「酸素系漂白剤」を使います。
※酸素系漂白剤の詳細は「重曹のお掃除がパワーアップ」

今回のポイントは、「40度前後のお湯」を使うこと。

理由は、「酸素系漂白剤」が一番活性化する温度だからです。お湯を使って1時間ほどつけ置きです。

<掃除方法>

  1. 40度のお湯をボウルに入れる
  2. 酸素系漂白剤大さじ1を溶かす
  3. 1時間つけ置き
  4. しっかり洗い流す

これだけで、スッキリきれいになります。つけ置きの後の洗剤水をみてみるとー、細かい汚れが浮いていて、結構汚れていました。

この汚れを見るとショックですよねー。水道の蛇口のシャワー部分の穴とか掃除できないですものね。「酸素系漂白剤」なら届かない部分までしっかり汚れを落としてくれるので、うれしいです。塩素系漂白剤のような「におい」もなくて、いいですよねー。

通常であれば、ここまででオッケーです。水垢も落としたい!ということであれば、クエン酸水も使ってみましょう。

次に、クエン酸水でつけ置き1時間

今回、気になったのが、水垢汚れです。この白い部分が水垢です。
水垢の正体は、水道水に含まれる、マグネシウムやカルシウムです。水滴がついたままだと、時間とともに水分だけが蒸発し、水道水に含まれる「マグネシウム」や「カルシウム」といった成分だけが残ります。その蓄積が、水垢となるのです。

 

けっこう水垢はガンコなので、「クエン酸水」で緩めてみようと思います。

<お掃除の方法>

  1. 水をボウルに入れる
  2. クエン酸を小さじ1~2杯を上記に入れ、しっかり溶かす
  3. 水道蛇口をつけ置き1時間
  4. しっかりすすぐ
  5. 「劇落ち君」でこすり取る

クエン酸が水垢を緩めてくれてますねー。

 

最後は、劇落ち君でしっかりこすりました。クエン酸水でつける前より、落としやすくなっていましたよ!
完ぺき!とまではいかないですが、ずいぶんきれいになりました。クエン酸水も特に汚れは浮いてなかったので、一安心。

ひとまずは、これで良しとします。また気が向いたら、クエン酸水でつけ置きしてゴシゴシこすろうかと思います^^。

掃除嫌いさんが、掃除を続けるコツ

私は、実は掃除が嫌い。できることならしたくないと思っています。でも、掃除は、生きている限りずっと必要です。まあ、金持ちになって、外注できれば問題ないですけどね!

といっても外注ばかりだと、コストパフォーマンスが悪すぎるので、なんとか自分でやり続けるために、3つのことを考えています。

その1

徹底的に掃除しない

掃除を完璧にしようとおもうと、辛くなりませんか?私は落ちるまで徹底的にやった後は、いつもすごい疲労感。掃除=しんどい、というイメージがつき、さらにやるのが嫌になって、どんどん掃除嫌いになっていました。

でも、後ちょっとなんだけどなーというところで、やめて見ると、あら不思議、またやろうって思えるんですよねー。なので、徹底的にやるのをやめました。

その2

汚れやすい場所に掃除道具

洗面台とかシンクとか、汚れやすい場所のそばに掃除道具のアクリルたわしと重曹、クエン酸、酸素系漂白剤を置いてます。

気が向いたとき、汚れが目立ってたときに、手軽にできるようにです。

時々、見て見ぬ振りをするときがありますが、そばに掃除道具があると、掃除のハードルは格段に下がります。

その3

短時間にポイント掃除

例えば、洗面台だったら排水口だけとか鏡だけとか、ポイントで短時間だけできる掃除を心がけています。

日々の暮らしのなかで、頻繁にやる習慣を身につけるのが、楽に掃除をする方法かなと思っています。
気軽にお掃除やってみてくださいね!



 

当ブログの記事に共感していただいたらまた見に来てくれると嬉しいです。更新の励みになります!

follow us in feedly

こちらの記事もどうぞ♪