1分で作れる、編まないアクリルたわしが食器洗いや掃除に大活躍。

アクリルたわし ナチュラル洗剤

1分で作れる、アクリルたわしが、食器洗いや、掃除に大活躍。

こんにちは。本日も当ブログにお越しいただきありがとうございます! もちこ(ecosouji)です。

先日、セリアにアクリル毛糸を買いに行きました。最近のセリアには、とてもきれいな色の毛糸が並んでいて嬉しくなりました。
その中でも、一番春らしいパステルカラーの毛糸を選びましたよ。このアクリル毛糸で、編まないアクリルたわしを作ります。

編まないアクリルたわしは、食器洗いや、洗面台、シンクなどの掃除にはもちろん、ごぼうやジャガイモの野菜洗いにも役立つ優れものなのです。

今日は、そんな万能のアクリルたわしの作り方について説明します。

必ずアクリル100%の毛糸を選ぼう

アクリル100%毛糸

説明にも、「アクリルのたわしや編みぐるみに最適です」と書いていますね。

でも、一応、商品の法定表示を確認しておきましょう。時々、毛(ウール)が含まれている場合があるからです。

大丈夫でしたね。

アクリル100%にこだわるには理由があります。毛(ウール)が含まれていると、たわしとして使ったときに、摩擦で毛糸がフェルト状になってしまうので、気を付けましょう。

必ず、アクリル100%を選んでくださいね。

作り方は、手に巻いて真ん中を結ぶだけ

まずは、毛糸を手に30回ぐらい巻きます。

次に、真ん中を短くカットした毛糸で結べば出来上がり。

巻く回数はお好みですが、私は30回ぐらいが程よいボリュームで使いやすいため、気に入っています。

巻く回数でボリュームが変わります

アクリルたわし15回巻きから45回巻きまで

巻く回数によって、アクリルたわしのボリューム感が変わります。

一番右の15回巻きだと、食器を洗うときや、掃除をするときには、ふにゃふにゃとして、持った感じも頼りなく、汚れを落とすスポンジの代わりとしては、すこし物足りなかったです。

真ん中は、30回巻きになります。程よいボリューム感で、握り具合もよいため、30回巻きがおすすめです。

一番左は、45回巻いてみました。かなりのボリュームでした。手で握ると「がしっ」として、一番しっかりしていました。それぞれの好みで作ってみてください。

1つの毛糸で、何個のアクリルたわしができる?

アクリルたわし

アクリル毛糸30gの場合は、30回巻き8つ、20回巻き1つ、計9つが出来上がりました。

1つの値段は、18円。

もし、15回巻きをつくるなら、合計19個は出来上がりますね。

コメント