トレトレ(トイレトレーニング)パンツの簡単な洗い方・洗濯方法!

トイレ

トイレトレーニング(以下トイトレ)を始めたころは、失敗はつきもの。とはいえ、失敗するたびに、洗濯や掃除は大変ですよね。
しかも、トイトレパンツは、何層にもなっていて、臭いが落ちにくい!
家事や、仕事で疲れていればいるほど、なぜ、トイトレに失敗するの!とイライラし子供に当たってしまいそうになったことはありませんか?

我が家は、保育園に預けていたため、ずしっと重いトイレトレーニング用のパンツをいつも持って帰ってきていました。

先生によっては、軽くすすいで入れてくれることもありましたが、そのままの状態で入っていることが多かったので、袋を開けると強烈な臭いがしていました。

すぐに水でしっかりすすいで、洗濯機を使って洗濯をするのですが、臭いがなかなか落ちません。余計にイライラしていました。

そんな悩みを解決してくれたのが、重曹おそうじの考え方でした!

ここでは、重曹おそうじの考え方を活用して、臭いもスッキリ簡単に落ちたトイトレパンツの洗い方をお伝えします。

トイトレ(トイレトレーニング)パンツの洗い方

方法はとても簡単です。

小(おしっこ)の場合

トイトレで失敗したら、小の場合は、バケツに水をはり、「酢」を400mlぐらい入れます。

そこに、汚れたトイトレパンツや汚れた衣類をつけます。
一晩ほどつけて、翌朝、洗濯機を回せば、臭いもスッキリと落ちてきれいになっています。
一日に何度も失敗する場合は、そのつどバケツにつけ置きしてから、翌朝一度に洗濯機でガーっとまとめ洗いもOKです。

つけたパンツをそのまま洗濯機に入れるのが気になる場合は、一度水道水ですすいでからいれてくださいね。

この方法を知ってから、トイレトレーニングのストレスが減りました

おしっこで汚れたトイレトレーニングのパンツの洗濯に困っていれば、ぜひ「酢」を使ってみてくださいね。

お酢だとすぐになくなってしまう場合は、「クエン酸」を入れてもいいですよ!

小(おしっこ)の汚れは、アルカリ性なので、酸性の物を入れると汚れやにおいが効率よく落ちます。

なぜ酢やクエン酸がおしっこ汚れに効果的なのかを、もっと知りたい方は、合わせてお読みください。

>>汚れが落ちる理由

大(うんち)の場合

状態が固い場合は、そのままトイレの便器に流します。それでも汚れが残ったところは、パンツをしっかり持って、便器の中で振り洗いをしたり、水流を使ってできるだけ汚れを落とすようにします。

状態がゆるい場合も同じように、しっかり片手でパンツをもち、汚れた部位を便器の水部分につけ、振り洗いしたり、水流で流したり、便器の中の部分にこすりつけたりして、汚れをできるだけ落とすようにします。

ある程度すすいだトイトレパンツは、40度~50度のお湯をはり、酸素系漂白剤を大匙2杯ほど入れたバケツにつけ置きしてから、翌朝、洗濯機で洗います。

 

手の汚れが気になるときは、使い捨てのゴム手袋をしてもいいですね!

酸素系漂白剤は、殺菌、漂白ができるので、うんちのつけ置きにはピッタリ!しかも、赤ちゃんの肌着にも使える優しい漂白剤なので、使っても安心です。
便器が汚れたら、重曹の粉を振りかけてお掃除すると汚れ落ちいいですよ。

どうしても、ゆるゆるでテンションが下がるときは

    • おむつに変える(一時的に)
    • 捨てる

もありです。ママのストレス、疲れがたまらない方法を時にはとりましょう!

もう手洗いしなくていい!トイレトレーニングパンツを洗う洗濯用電気バケツ

「洗う」に特化したバケツ型ウォッシャーです。これなら、手洗いせずにそのまま浸けて、洗えます。

おしっこやうんちなどの手洗いから解放され、心も時間にもゆとりが生まれ、しっかりと子供と向き合える時間が増えそうですね。

 

普通のバケツであれば、ふたつきがいいです。さらに、トイレトレーニングが終わっても引き続き使える物だともっとよいですよ。上記は、耐荷重150kgなので、スツールとしても使えます。大きさも4Lと8Lがあり、色も豊富なのでインテリアにもなじみます。

コメント